コンタクトを交換するために眼科へ行ったら緑内障と診断

パソコンでインターネット上の記事をずっと見ていたら、数年前まではどうもなかったのがここ最近は頭痛とともに目の奥がズーンとするようになりました。

医師の診断では特に異常なしとのことですが、眼精疲労に効く目薬を処方していただきました。

処方された目薬を使用しても、その時は良くなるもののPCを見ていると目が重くつらくなってきます。
そこで目によいサプリメントを調べたところブルーベリーやルテインが効果的と出てきたので、そのサプリメントを飲んでいます。
3年ほど前の朝、ふと「ん?新聞の字が止読めない」と感じました。

ついに、老眼です。字を読んでも、食事をしても、とにかく目が疲れてしまう。

その日から、目の使い過ぎに気をつけ、用事がない時はテレビやパソコンも見ないようにし、趣味の読書も、時間を決めるなど、とにかく目を大事にしています。
就寝前には温かくしたタオルを目の上にのせ保温を欠かしません。
毎日の生活習慣に少し、取り入れるだけで、とても眼精疲労はよくなりました。
今日、コンタクトを交換するために眼科へ行ったのですが、診察の結果緑内障と診断されました。

先生いわく、ある程度の年齢になったら眼科で検診を受けた方が良いですよ、と言われました。
人間ドッグでは見つからない病気もあるのだとも言われました。

目も臓器の一部ですのである程度使用すると、何らかの症状が出る可能性が高いです。特に白内障に関しては加齢とともに出てくることが多いので、早期発見と早期治療が大事だといわれました。今は毎月のように眼科で医者からの診察をうけています。
視力が下がるという症状は、遺伝することもあるそうです。
両親ともに近眼であったため、中学生のころから視力が落ち始め、現在は視力検査のときはカードを持った看護士が計測してくれています。「0.0.いくつ」の世界なのです・・・これ以上悪くならない為に、休憩時には遠くの景色を見たり、目を温めて疲れを取り筋肉をほぐすなどの工夫をしています。

良くはなりませんが、気持ち良いのでおすすめですよ。最初から目は良い方なので、これまで目の健康について真剣に考えてみたことがなかったのですが、近頃はパソコンやスマホの見過ぎで視力を疲労させてしまうことが多くなりました。

近いうちに老眼鏡が必須になってくる年ですが、出来るだけ現在の視力を保っていたいので、長い時間連続で画面を見ることを避け合間合間で適度に軽く目を瞑ったり、遠くの風景を見ることを意識しています。

手間の割には結構効果があるようです。
目の疲れの原因は、PCやスマホなどのLED画面から出てくるブルーライトです。

スマホの普及により若い世代からも眼精疲労に悩んでいる…と言う話しをよく聞きますね!素早く治したいのであればパソコンやスマホの画面に貼るブルーライトカットフィルター」と「pcメガネ」を掛ける事で対策する事ができます。

私も目の疲れに悩んでいましたが、2つのことを行ってから症状が和らぎました。いちど試してみてください。
仕事中に目がチカチカしてパソコンの画面が見えにくく感じたりします。

このチカチカが広がって視界いっぱいになると、目の前がよく見えず、激しい頭痛に襲われます。今思い出すだけで気持ちが悪くなってしまいます。

極度の精神的な疲労や、片頭痛は眼精疲労の原因です。

痛みが来る前兆があれば鎮痛剤を飲んだり、ストレスで精神的な苦痛を受けるのを予め防止することです。

最近はだいぶ発生する回数が減ってきました。現在は目を酷使するのが当たり前になっています。

PCやスマートホンなどの画面から出るブルーライトと呼ばれる光は目の健康状態に悪影響を及ぼします。しかし今の時代これらは日常の生活にとって必需品となっています。では、目の健康のためには何をすれば良いのでしょうか。
まず悪い影響から目を守ることです。ブルーライト軽減メガネというもので対策できます。

また目が疲れてしまった際には休めることも大事です。目を休ませるための簡単なやり方は、蒸しタオルなどで目をあたため血行を良くすることで目の疲れがとれます。